営業マンの心得

仕事上、そしてプライベートでも営業マンの方にお会いすることはよくあることです。特に男性の営業マンの方について、最近はスーツをびしっと着こなし、スタイルもよく、笑顔も爽やかで見た目は申し分ない方は多いです。しかし、この人の話なら聞いてもいいかな、と近寄って名刺をいただくというところまできて気付くことがあります。それが体臭です。夏場なら多少汗の臭いは仕方ないかなと思います。ですが、冬場でも籠ったような酸っぱい臭いがキツイ方がいらっしゃいます。おそらく脇の臭いかな、と思われますが、それが気になりだすと肝心な話の内容がまったく頭に入ってきません。臭いが酷いと気分が悪くなりますし、同じ部屋にいるのも嫌になるので話も早く切り上げたくなります。勧めて下さっている商品がどんなに魅力的でもそれだけで台無しです。結局、商談はパーになるという最悪の結果となってしまうこともあるので、営業マンとしては、見た目や持ち物、話し方などももちろん大事ではありますが、体臭には充分気を遣っていただきたいものです。自分で気付かない、自信がないのなら、家族や友人知人、会社の同僚や部下にチェックしてもらってもいいのではないかとも思います。

デオシーク口コミで人気のデオドラント

SNSでもご購読できます。